FC2ブログ

初めての不妊検査

2005/09/05 09:31

不妊治療体験記 -Step3-

そのクリニックはとても混んでいました。

産婦人科にありがちな妊婦さんはほとんど見かけず、
ご夫婦でいらっしゃっている方、私と同年代と思われる女性・・・
見かけはみな健康そうで、病院という感じはまるでしません。

ちょっとフシギな感じ。

問診票を記入して待つこと・・・えーと3時間くらい?
名前を呼ばれたとき、ワタシ爆睡してますた

夫婦でまず診察室へ。
先生からテキストをベースに、検査や治療について簡単に説明を受け、
今日できる検査(下記)を受けることになりました。

~スーさん(妻)の検査~
 ・経膣超音波検査
 ・子宮膣部細胞診
 ・頸管クラミジア抗原検査
 ・免疫検査(抗精子抗体)

~ダンナしゃん(夫)の検査~
 ・精液検査(個室で自分で採取)

ダンナしゃんはこれで全検査終了です。
妻側は今後も、低音期・排卵期・高温期に渡って来院し、引き続き検査があります。
(ということで、これから基礎体温をつけながら来院することになります)

ドキドキの診察台(経膣超音波検査)も、乗ったら勝手に足の部分が動いて、
恥ずかしいとか感じるヒマもなく終わってました。
カーテンで仕切られていて、お互い顔が見えないようになってるしね。
(正直、コレがいやで病院ためらってた部分もアリ)

ダンナしゃんの検査結果はその日のうちに出ました。
「異常なし」でした。ヨカッター!


「不妊治療(検査)ってどんなことするんだろう?」
「不妊治療始めようかどうしようか悩んでます」

という言葉をよく耳にしますが、不妊治療の第一ステップは、
最初に先生からも言われましたが、「アラ探し」なのだそうです。

不妊の原因(アラ)をつきとめてから、それに合った治療をしていく--
だから、いきなり体外授精をするなんてことはないし、
アラ探しと考えれば、治療を始めようかどうしようかと悩む必要もない。
悩むのは、本格的に治療方針が決まってからのコト。

なーんだ、そうだったのか・・・

とはいいつつも、来る前は何をされるか不安で
「まだ体外授精とかは考えていないけど、悪いとろこがないか検査だけしてほしい」
とか、先生に言う言葉を色々考えていたのですが、まったくの取り越し苦労でした。

あと、この後の検査内容を見ていただいてもわかるのですが、
いわゆる「ブライダルチェック(検査)」とは似て非なるものでした。
(スーさんが受けた検査は、不妊検査としてはだいたいオーソドックスなものです)


そうそう、最後にビックリ会計が待ってました。
二人分で11,000円くらい。なんとか足りました
不妊治療の多くは保険適用外なのです。
それでもここの病院はまだ良心的な方なんじゃないかな・・・


前のstepへ
次のstepへ

関連記事




テーマ : 不妊 - ジャンル : 結婚・家庭生活

不妊治療体験記  | コメント : 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する