FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告

不妊とストレス

2005/09/11 10:19

不妊治療体験記 -Step6-

人工授精6回するも、みごとに撃沈
--この結果をどう受け止めたらいいのだろう・・・。

そもそも人工授精での妊娠率はそんなに高くないし(10~20%)、
妊娠できればラッキーとまで言われているくらいだから、
そんなに落ち込むこともないのだけれど、その頃の私はある壁にぶち当たってました。

それは、仕事上のストレス
妊娠できないのはストレスのせいではないか?

その頃、仕事がとっても忙しいうえ、責任も重くなってきたときでした。
毎日午前サマ(残業もあったけど、それを発散するためによく飲みにも行きました)、
上司とのアツレキ、こんなに頑張っているのに会社の業績は下がる一方(給料もDOWN)・・・

不眠・過呼吸・情緒不安定といった症状が出てきたのも、この頃でした。
また、こんなに不妊治療を頑張っているのに妊娠できないということ自体も
ストレスになっていたような気がします。

そして、人工授精6回目不成功・体外受精へのステップアップというタイミングで
私は大きな決断をしました。

会社を辞める。

治療との両立はできていたし、仕事も大好きだったけれど、
当時33歳という年齢も、辞めるうえで大きな要因でした。
(不妊治療では、妊娠率のうえで35歳が1つのターゲットとなっています)

仕事は頑張ればこれから先まだチャンスがあるかもしれないけれど、
妊娠可能期間は確実に過ぎていく--
そう考えると、今の職場への未練を断ち切ることもできました。

こうして2004年1月、7年間勤めた出版社を退職しました。
*その後、派遣社員として自宅近くの会社に再就職。残業・ストレスのない生活の中で、体外授精にステップアップ。

不妊とストレス
--これは大いに関係があると思います。

仕事を辞めて時間ができたぶん、これまで忙しくて会えなかった友達に会ったり、
食生活に気をつけたり、ワンコを飼い始めたりと、生活は一変、
ストレスからじわりじわり開放されていく自分を実感することができました。


前のstepへ
次のstepへ

関連記事




テーマ : 不妊 - ジャンル : 結婚・家庭生活

不妊治療体験記  | コメント : 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。